一石二鳥の暮らしがしたいなら併用住宅に決まり

住宅模型
一軒家

エコ住宅を購入できる

京都で和風建築の家に住むことが可能で、注文住宅を選ぶことで木材にもこだわれます。ヒアリングに力を入れている会社に相談すれば、一緒にプランを立てるので安心です。設計を工夫することで、採光や風通しを良くして経済的な負担を減らせます。

室内

海のそばで暮らしたい

海の近くに家を持ちたいと考える人が多くいますが、首都圏で圧倒的に高い人気を誇っているのは茅ヶ崎です。茅ヶ崎の中でも特に人気が高いエリアには既に一戸建て住宅やマンションがぎっしりと建てられていますが、時折掘り出し物物件が売りに出されますので、気長に待ってみることをお勧めします。

住宅ローンを減らす家造り

積み木

賃貸用の部屋を併設する

マイホームを建てるには大きな資金が必要です。ほとんどの人は30年や35年という長期の住宅ローンを組むことになります。少しでもローンの支払いを軽減する方法として併用住宅があります。これはマイホームを建てる時に、賃貸として貸し出す部屋を併設した住宅のことです。併用住宅にすることによってローンの支払いを減額できます。賃貸用の部屋の家賃収入があるので、それをローンの支払いに充てることができるからです。賃貸用の部屋を2つ作れば、さらにローンの支払いが楽になります。非常に上手な家の建て方ですが、部屋の入居者を見つける必要があります。また借りていた人が退出すると家賃収入が入ってこなくなります。この点だけを気をつければ、併用住宅にするメリットは大きいものがあります。

将来は子供部屋に転用する

併用住宅を建てる人が多いのは、住宅ローンを軽減できるからです。その他にも併用住宅ならではのメリットがあります。将来的に賃貸用の部屋を子供部屋などに転用することができるのです。子供が小さい時には親と一緒に寝ることもできますが、大きくなった時は自分の勉強部屋が必要です。子供が小さい時には賃貸として貸し出してローンの支払いを軽減し、子供が大きくなったら勉強部屋にするといった利用法ができます。子供だけでなく、両親が高齢になって引き取る時にも併用住宅は便利です。高齢の両親のための部屋にすることができるからです。マイホームというのはライフスタイルの変化によって、間取りの使い方も変わってきます。それに対応できるのが併用住宅です。

男性

大満足の家を建築する為に

大阪市内で注文住宅を建築する際には複数の建築会社で見積もりを取りより自分たちの理想が反映できる建築会社を見つけることが満足のいく家づくりを行うポイントの一つです。土地を購入する際にはその土地の地盤がどのようなものかを調べより強固な地盤のある土地を購入することで費用を抑えることが可能です。